GBSって何?

はじめに

妊活をしよう!と決め、いざクリニックに行くと検査や診察ばかり・・・よくわからない検査をこなしている方も多いですよね。
今回は【GBS検査】について解説していきます!

GBSとは?

GBS(B群溶血性連鎖球菌)この菌は膣内の常在菌です。ほとんどの方が持っており、母体には何ら影響はありません。ですが分娩の際に、産道を通る赤ちゃんに感染してしまうと免疫力の低い赤ちゃんは稀に重症化してしまうことがあります。また、オリモノの色や匂いから不妊の原因になりうる菌として検査を行っています。

GBS陽性だと?

GBS陽性の場合以下の症状を発症するリスクが挙げられます。・敗血症・肺炎・髄膜炎上記を出産後24時間程で発症するケースが多く、症状がないため何となく赤ちゃんの元気がない、、、ということで発見が遅くなってしまうケースがあるようです。
通常33~37週の妊娠後期の妊婦さんが行う検査ですが、不妊の原因とされるクラミジア菌や淋菌検査と共に治療前の検査として不妊クリニックでも行うところが多いようです。

GBSの治療は?

GBS陽性の場合はどうなるのか?→抗生物質の服用で治ります。

他にも、、、子宮内細菌叢検査であるEMMA/ALICEも、子宮内フローラのバランスを見る検査です。こちらはラクトパチルス菌が90%以下の少ない時は、ラクトフェリンという母乳に含まれる成分をサプリメントなどを摂っていただきます。

合わせて読みたい

  1. 移植後の過ごし方【コラム・東京鍼灸】

    移植後の過ごし方について

  2. 卵管はなぜ詰まる【コラム・東京鍼灸】

    卵管は「なぜ」詰まる??

  3. オリモノ【コラム・東京鍼灸】

    おりものって何??

  4. 【2022年】統計データのまとめ(妊娠率・鍼灸歴・クリニック…

  5. 妊娠と体重の関係性【コラム・東京鍼灸】

    『肥満』より、『痩せ過ぎ』が妊活に悪影響の事実

  6. 運動不足と不妊の関係【コラム・東京鍼灸】

    不妊の原因は運動不足!?不妊を克服する運動とは!?