妊活

クリニックへ通院中の方へ

東洋医学の視点で不妊治療をサポートいたします。

◯ 卵質のケア
​◯ 子宮内膜のケア
◯ 体外受精・胚移植への体づくり
◯ 着床サポート
◯ 人工授精サポート
​◯ 婦人病へのアプローチ
​◯ 冷え性・のぼせ・血流

 東洋医学では「不孕」(ふよう)という言葉で、不妊の体質が数千年も昔から認識されていた長い歴史があります。つまりは、東洋医学を用いた鍼灸・漢方は、不妊へのアプローチに長けた歴史的な施術方法なのです。現代では、高度生殖補助医療が発達し、クリニックでの化学的な治療法を選択する事ができます。体に優しく、より効果的な治療を受けるためには、お体の土台である、体質を整える必要があると考えています。東洋医学でお体の土台をしっかり作り、その上に西洋医学の化学的な治療法を行う事により、『より優しく』、『より効果的』に妊娠、出産へのステップを踏むことができるのです。

鍼灸の施術をお体におこなうと、いったいどんなことが起るのでしょう?
 鍼やお灸の刺激をすると、体は『鍼は異物だ』『お灸は異常な熱だ』と異常事態を認識します。異常事態を認識したお体は、体を元の状態に戻す為に、治癒力や免疫力を活性化させます。すると活性化した治癒力や免疫力の影響で、いままで弱っていたお体の部分まで補われていきます。鍼灸とは、あえてお体に異常な刺激を与えることで、体の免疫力や自然治癒力を活性化させるキッカケを与えることなのです。本来人間に備わっている、お体の反応を自然に引き出す手段となります。この方法は数千年も前から行われており、不妊に対しても、鍼灸の力でアプローチしていた長い歴史があるとされています。

「クリニックの治療に合わせた施術をしてくれますか?」
 当院ではクリニックでの施術経過や過去の治療歴を時間をかけて詳しくカウンセリングさせて頂きます。これは、現在の患者様のお体の状態の把握にとどまらず、鍼灸施術にいらした目的などをしっかりと施術者側が理解する為に行います。患者様の情報を施術者側が把握したうえ、クリニックの日程に合わせた鍼灸施術の方針や内容・目的を説明させて頂きます。