妊娠は脈でわかる!?東洋医学の不思議

妊娠の脈について

東洋医学には『妊娠の脈』というものがあります。妊娠にいたっているか否かを、脈だけで判断していました。
西洋医学が入ってくる前の日本では、エコーや妊娠検査薬を使わずに、脈を触り、その拍動だけで妊娠しているか否かを判断するというものです。
おおよそ妊娠4週目から11週目まで脈により妊娠を判定することができると言われています。

みいさん

脈で妊娠がわかるの!?凄く不思議ですね!!

先生

私が東洋医学が面白いと思ったきっかけでもあるんです。熟練の先生ですと、性別まで判別できるそうですよ!!

みいさん

なぬ!?!?せ、せいべつも!?!?

東洋医学の脈診を習得すると、左右の脈の違いで、男女の判定ができると言われています。
もちろん脈による判定には個人差があり、100%ではありませが、経験の集積で築き上げられた素晴らしい技術なのです。

『妊娠の脈』とはどういったものなのでしょか?

脈を診る際は通常手首の親指側で脈の状態を診察します。妊娠にいたり、4週目から11週目の間は手首の小指側にも拍動を感じることがあります。このポイントを『神門』と言います。

『神門』は通常、筋肉に覆われていて拍動を触れにくいのですが、妊娠すると母親が子供に血液を送る分の血流量が増え、脈を触れやすくなります。
触れた時の感触は「お盆の上で珠を転がす」ような感じと表現します。またこの「お盆の上ど珠を転がす」ように感る脈を『滑脈』と言い。「妊娠すると滑脈が出ると」言われています。

みいさん

私でも脈を触って妊娠がわかるかしら?自分で確かめられたら素敵だにゃ!

先生

残念ながら素人では絶対にわかりません。妊娠の脈はとても独特の感触ですから、熟練の先生でも見逃すことがあるんですよ。ただドクドクと拍動を感じれば良いわけでは無いのです。

東洋医学って奥深い!

西洋医学は現在の日本では医療の中心です。しかし、明治時代までは鍼灸・漢方などの東洋医学が医療の主役でした。
つまり東洋医学には様々な病気や症状を治療してきた長い歴史があるのです。しかし、日本は明治以降に文明の遅れを取り戻すため西洋化を急ぎ、西洋医学を取り入れた医療制度を推進しました。それ以来西洋医学を洋方、日本の伝統医学を漢方と呼ぶようになり、西洋医学が日本の医療と決定されたと言われています。
現在まで、西洋医学に比べ東洋医学はないがしろにされ認知度が低いように思いますが、日本の医療を支えてきた長い歴史があります。東洋医学に基づいた施術効果は、とても素晴らしいものであると施術を通して確信しております。

先生

歴史をたどると東洋医学の歴史は紀元前からはじまるのです!ことの始まりは、熱した石を痛いところにあてがうという行為から発展し、今の形になっていると言われています。

みいさん

き、きげんぜん!?東洋医学には長い歴史があるんですね!不思議な世界だけど興味が湧いてきたにゃ!!

関連記事

  1. 【SEXはいつ?何回?】データから見る妊娠しやすいタイミング…

  2. 鍼灸で流産は防げるの?それともただのおまじない?

  3. 卵管は「なぜ」詰まる??

  4. 『肥満』より、『痩せ過ぎ』が妊活に悪影響の事実

  5. 【格安!?】台湾NIPTクリニックレポート

  6. 体外受精と顕微授精の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。