【超初期症状】移植直後から判定日までの体の反応は!?

移植後の過ごし方【コラム・東京鍼灸】

はじめに

妊娠1ヶ月から4ヶ月までを「妊娠初期」と呼びます。さらに、その中でも妊娠0週から3週頃までを『妊娠超初期』と分けて呼ぶことがあります。人によっては体調の変化で妊娠に気づくこともあるようです。『今回は体外受精/胚移植において、判定日までに超初期症状は起こるのか?』を現場目線でお話しいたします。

みいさん

3日前に、胚移植をしたのに体に何にも反応がないにゃ!!これは今回はダメだったのかにゃ!!判定日までがとってもとっても不安だにゃ!

しろさん

ネットでは、「着床すると出血する」とか「チクチクする」なんて情報をよく目にするわよね。それって本当なのかしら。

先生

みいさん!!そんなに不安にならないで下さい!!結論から申し上げると、症状がある方が珍しいのですよ!!

みいさん

えっっ!?そうにゃの!?

判定日までに超初期症状があるのは少数派

胚盤胞の移植ですと、移植日から7日〜12日後に判定をするクリニックが多くあります。仮に陽性判定を頂いた方でも、移植から判定日までの期間で、いわゆる”超初期症状”があったという方は少数派です。(※当院調べ)
つまり、初期症状が自覚できない状態で、判定に行ったら陽性だった。という方が多数を占めているという事です。

みいさん

ネットで調べると、超初期症状の事ばかり出てきて不安だったにゃ!!

しろさん

つまり、判定してみるまでは、陽性か陰性かわからないって事ね!!

先生

その通りです。判定まで不安でいっぱいかもしれませんが、いわゆる”超初期症状”が無くても気を落とさなくて大丈夫なんですよ!!卵の力を信じましょう!!

妊娠初期に見られる主な症状

妊娠初期に現れる主な症状には以下のようなものがあります。
個人差が大きいのも特徴です。

  • 全身のだるさ
  • 頭痛
  • 眠気
  • 吐き気
  • 唾液の増加
  • 食欲不振
  • 食べ物の好みが変わるといった嗜好の変化
  • 着床時に出血がある(着床出血)
  • 微熱が出る
  • 便秘
  • 腰痛
  • おなかの張り

みいさん

陽性だったら初期症状も少しづつ出てくるだろうから、じっくり待ってみるにゃ!!

しろさん

そうね!!焦っても仕方ないものね!!

合わせて読みたい

  1. 高プロラクチン血症と不妊の関係【コラム・東京鍼灸】

    高プロラクチン血症ってなに!?

  2. 産前産後の国民年金免除制度【コラム・東京鍼灸】

    【自営業必見】産前産後の国民年金保険料免除制度

  3. 男性の精子・射精のトラブル【コラム・東京鍼灸】

    精子・射精にまつわるトラブル5選

  4. 妊娠に必要な栄養素【コラム・東京鍼灸】

    良質な脂質で妊娠力向上

  5. 鍼灸で目指す子宝体質【コラム・東京鍼灸】

    鍼灸で子宝体質!?

  6. 妊娠とBMI値の関係【コラム・東京鍼灸】

    妊娠適正BMIを知とは??